作品メモ#14

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#14.日本一のゴリガン男

公開日 1966/03/26 (39歳)
上映時間 93分
同時上映 何処へ
植木・役名 日本 等(ひのもと ひとし)
組織 統南商事
マドンナ
(役名・役どころ)
浜美枝
(左右山百合・社長の娘、社長秘書)
主な出演者 進藤英太郎、藤村有弘、人見明、ルーキー新一、左卜全、藤田まこと、野川由美子、潮万太郎、田中邦衛
ロケ地 大和証券、国立競技場、東京プリンスホテル、村山貯水池、船橋ヘルスセンター、護国寺、赤坂見附交差点
挿入歌
楽曲リスト
  1. 何がなんだかわからないのよ
  2. シビレ節
  3. おてもやん
  4. オモチャのマーチ
  5. 山寺の和尚さん
  6. さよならはダンスの後に
  7. 水のファンタジー
あらすじ 日本等は工事現場から落下してきた鉄骨を頭に受けて、1年間入院していた後、頭の回転が100倍早くなって会社に戻ってみたら、その間に、自分の勤めていた会社が倒産してなくなってしまっていた。
そこで、元の会社のあった場所の統南商事に席を置かしてもらい、「日本等課」というフリーランスで、職業別電話帳を武器に営業活動を開始した。
おもちゃから墓場まで売り捌き、砂漠の国への浄水装置の輸出も実現。
そしてついに、電話帳で選び出した次の売却物件は...。
植木・
 登場シーン
パチンコから大量の景品を持って出てきて、駅へと急ぐところで、工事現場から鉄骨が落ちてきて命中する。
最終シーン 浜美枝と結婚し、幸せの生活を送っているものの、彼女のゴリガンぶりに悩まされる
見どころ 植木等と人見明のペアで見せる、「シビレ節」ほかの宴会芸
決めセリフ 「俺は売るのは得意だが買うのは苦手なのだ」
このエントリーをはてなブックマークに追加