作品メモ#10

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#10.花のお江戸の無責任

公開日 1964/12/20 (37歳)
上映時間 89分
同時上映 三大怪獣・地球最大の決戦
植木・役名 古屋 助六(ふるや すけろく)
組織 幡随院長兵衛一家
マドンナ
(役名・役どころ)
団令子
(揚巻・花魁)
主な出演者 池内淳子、藤山陽子、進藤英太郎、草笛光子、有島一郎、藤木悠
ロケ地 セット(吉原)
挿入歌
楽曲リスト
  1. 無責任数え歌
  2. 馬鹿は死んでも直らない
  3. ジャンケン節
  4. 生きていけないオレ
  5. 無責任数え歌
あらすじ 歌舞伎の演目「助六」をベースにした、クレージー版時代映画。
父親の仇討ちを母親にせっつかれて江戸に出てきた、古屋助六。
幡随院長兵衛のところの食客となり、石焼き芋屋として、吉原に出入りするようになった。
そこで、揚巻太夫に言い寄ってくる、髭の意休の背中に、仇討相手の目印である刀傷を見つけたのだが...。
植木・
 登場シーン
母親の説得で、父親の仇討ちのために、江戸に向かうことを決める。
最終シーン 助六が晴れて、二代目幡随院長兵衛を襲名し、揚巻と夫婦になった助六。
「無責任数え歌」を歌いながら、吉原の道中を練り歩く。
見どころ 助六が仇討ちの本懐を遂げて、それを見ていた女郎たちから、大量のキセルを投げられる、「キセルの雨」。助六はこれを傘でかわす。
決めセリフ 「何ケチなこと言うんだ。ブワーッと、ブワーッといけっ!」by ハナ
このエントリーをはてなブックマークに追加