はじめに

  • このサイトの運営者である私は、数年前より、森繁久彌氏主演の映画「社長シリーズ」の解説サイトを運営しています。
    以前から社長シリーズが好きだった私は、同様にクレージーキャッツやクレージー映画も好きで、ある1冊の本との出会いにより、社長シリーズサイトを開設しました。
    その、ある本とは「無責任グラフィティ クレージー映画大全」(フィルムアート社、1997年)というタイトルの本です。
    クレージー映画については、このように体系的にまとめられている本がある一方で、社長シリーズにはこのような本がないので、それをWebサイトで再現しようと思ったわけです。
    同じ出演者で似たようなキャラクター設定の作品が数多くあると、記憶の中で複数の作品の内容が入り混じってしまうことが多いですが、それを表形式で比較する手法などは前述の社長シリーズサイトでも参考にさせてもらいました。

    いわゆるクレージー映画の解説本ですが、東宝や渡辺プロの協力もあって、資料も豊富な上に、写真素材や当時の関係者へのインタビューもふんだんに盛り込まれています。
    残念ながら、既にこの本は廃刊になっており、入手が困難になっていますが、 Wikipediaの「クレージー映画」のページ の情報元にもなるほどの1冊です。
    もはや、この本を上回るほどの資料はない状態です。

    ここに改めて、この本に対しリスペクトを表するとともに、その情報を活用させていただきます。


    なお、このサイトでいう、クレージー映画全30作品は、彼らが主演する東宝作品のことで、具体的には「作品タイトル一覧」のページに掲げるものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加