作品メモ#20

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#20.日本一の男の中の男

公開日 1967/12/31 (41歳)
上映時間 94分
同時上映 ゴー!ゴー!若大将
植木・役名 小野子 等(おのこ ひとし)
組織 丸菱造船・世界ストッキング
マドンナ
(役名・役どころ)
浅丘ルリ子
(牧野未知子・秘書課長、会長の孫)
主な出演者 東野英治郎、藤岡琢也、人見明、藤村有弘、牟田悌三、岡田真澄
ロケ地 大和証券、毎日新聞社ビル、京都
挿入歌
楽曲リスト
  1. なせばなる
  2. そうだそうですその通り
  3. パララン・ショー
  4. 若いってすばらしい
  5. みんな世のため
あらすじ 丸菱造船のモーレツ営業部社員の小野子等は、造船所の現場で会長を怒鳴りつけたことで、会長に目を付けられ、系列会社の世界ストッキングへと転勤になった。
それにもめげず、そこで母親によく似た、秘書課長で会長の孫娘の未知子と出会い、店舗での販売実績が評価され、宣伝部へ異動となり、そこでも、脚の綺麗な女性社員を起用した提供番組の視聴率が好調で、販売にも貢献する。
営業に移ってからも、接待攻勢による新規顧客の開拓に成功し、新設の外国部長へと出世とした。
そこでの彼の任務はデュパン社とのライセンス契約だったものの、未知子と対立し、会社をクビになってしまったのだが...。
植木・
 登場シーン
剣道着で神社の階段を駆け上がり、木刀を振っての稽古
最終シーン 等は社長となって、未知子と結婚した。
そして朝、未知子とお手伝いさんに見送られて、迎えの車で会社に出掛けていく。
見どころ エンディングで家の前のシーンが映るが、前方から右に横浜港、正面にマリンタワーという好立地にある。
決めセリフ 実力者はつらいもんだよ
このエントリーをはてなブックマークに追加