作品メモ#19

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#19.クレージーの怪盗ジバコ

公開日 1967/10/28 (40歳)
上映時間 110分
同時上映 ドリフターズですよ「前進前進また前進」
植木・役名 怪盗ジバコ
組織 W・C・W・C(世界観光開発調査団)
マドンナ
(役名・役どころ)
浜美枝
(姫野ナナ)
主な出演者 東野英治郎、進藤英太郎、青島幸男、立川談志、人見明、藤田まこと
ロケ地 京都、琵琶湖、羽田空港
挿入歌
楽曲リスト
  1. 恋のフーガ
  2. ジバコの唄
  3. 余裕がありゃこそ
あらすじ 世界を股にかけ、大胆な窃盗を繰り返す、怪盗ジバコ。
ただし、その実際の姿は知られていない。
そんな中、W・C・W・C(世界観光開発調査団)が来日する一方、ジバコからの予告状が届いた。
狙うは「日本のホコリ」。
これが何なのかの謎もありながら、様々な財宝が偽物とすり替えられる事件が起きる。
得意の変装で、巧みに警察の追っ手をかわすジバコ。
そして最後に彼が盗みだしたものとは...?。
植木・
 登場シーン
W・C・W・Cが日本に到着し、彼らが空港で歓迎を受けているところに、割り込んで来て花束を横取りする
最終シーン アメリカに向かう飛行機の中、ナナに行きたいところを尋ねて、飛行機の進路を(フランスに)変更させ、飛行機が向きを変え、転回する。
見どころ アナログの技術で行われている合成画面の特殊効果。
同一画面に同じ人物が登場している画面、特に、谷啓のそれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加