作品メモ#13

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#13.クレージーの無責任清水港

公開日 1966/01/03 (39歳)
上映時間 94分
同時上映 社長行状記
植木・役名 追分 三五郎(おいわけ さんごろう)
組織 清水次郎長一家
マドンナ
(役名・役どころ)
浜美枝
(お雪・次郎長の義妹)
主な出演者 団令子、平田昭彦、藤木悠、田崎潤、横山道代
ロケ地 静岡県
挿入歌
楽曲リスト
  1. ちゃっきり節~小諸馬子唄
  2. 遺憾に存じます
  3. たそがれ忠治-義理と人情
あらすじ 無宿の風来坊、追分三五郎は清水で無銭飲食を働き、牢に投獄される。
そこで知り合った森の石松(谷啓)と意気投合し、石松の居候となって、次郎長一家の世話になる。
三五郎が次郎長一家の台所事情が厳しいことを知り、自慢のイカサマの手口で勘助一家の賭場を荒らし、金をかすめて来たことで、勘助一家は次郎長に果たし合いを仕掛けてきた。
次郎長により、石松は一家を破門され、三五郎も一緒に追い出される。
しかし、果たし合いは回避されず、その果たし合いの場に三五郎が人柱となっての仲裁に現れ、棺桶もろとも川に投げ込まれたのだが...。
植木・
 登場シーン
街道筋を空腹でボロボロの状態で歩いている
最終シーン 次郎長一家を出て、また旅に向かうところを、お雪が追い掛けて行く。
見どころ 牢屋の中で、酒を飲みながら「遺憾に存じます」でどんちゃん騒ぎ
このエントリーをはてなブックマークに追加