作品メモ#11

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#11.日本一のゴマすり男

公開日 1965/05/29 (38歳)
上映時間 110分
同時上映 姿三四郎
植木・役名 中 等(なか ひとし)
組織 後藤又自動車
マドンナ
(役名・役どころ)
浜美枝
(細川眉子・自動車セールス)
主な出演者 東野英治郎、中尾ミエ、藤田まこと、有島一郎、人見明
ロケ地 ヤナセ、首都高速道路、青山、東銀座、駒沢公園、調布飛行場
挿入歌
楽曲リスト
  1. 愉快だね
  2. 元気でゆこう
  3. 人生劇場
  4. ゴマスリ行進曲
  5. お座敷小唄
  6. まけてなるかよ
  7. ゴマスリ節
あらすじ 縁故で、後藤又自動車に補欠採用された中等は、万年係長で定年退職した父親を反面教師として、上司にゴマをすることで、会社での出世を目指すことになる。
早速、入社1日目に車を売る一方、係長、課長、部長、重役へとゴマをする。
そんな中、親会社の大社長の娘、鳩子と知り合い、彼女にお婿さんを紹介してやるのだが...。
植木・
 登場シーン
田舎に帰ってきてバスから降り(落とされ)、「愉快だね」を歌いながら、実家へと向かう。
最終シーン 高速道路の路肩に車を止め、浜と抱擁、キスシーンから、車で走り去る。
見どころ 谷啓扮する白バイ警察が、登場シーンにバイクごとひっくり返るところ
(スタントマンかな?)
決めセリフ 「僕はね、絶対にゴマなんかすらないぞー!」
このエントリーをはてなブックマークに追加