作品メモ#07

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#07.日本一のホラ吹き男

公開日 1964/6/11 (37歳)
上映時間 93分
同時上映 喜劇 駅前怪談
植木・役名 初 等(はじめ ひとし)
組織 増益電気
マドンナ
(役名・役どころ)
浜美枝
(南部可那子:同僚、ミス増益電気)
主な出演者 曾我廼家明蝶、山茶花究、草笛光子、由利徹、人見明、飯田蝶子
ロケ地 早稲田大学、大手町ビル、西武園ゆうえんち、向ヶ丘遊園、東京會舘、三渓園
挿入歌
楽曲リスト
  1. 東京五輪音頭
  2. どうせ駄目ならデッカク生きろ
  3. ホラ吹き節
  4. 私はウソは申しません
  5. 馬鹿は死んでも直らない
  6. 八木節-冷暖電球CMソング
  7. 学生節
  8. 世界は僕らのためにある
あらすじ 三段跳びのオリンピック期待選手だった初等は、練習中のケガで、オリンピック出場がかなわず、田舎で見つかった、先祖の自伝を元に、有言実行を大胆に実行する。
難関の人気企業の増益電気に、まずは臨時雇いの守衛として入り込み、正社員、係長と順調に進み、宣伝部では「冷暖電球」をヒットさせ、秘書課長に抜擢。
まさに、三段跳びのごとき出世の仕上げとして、ナイロニア国へのダム発電施設の売り込みを仕掛けるのだが...。
植木・
 登場シーン
陸上競技場の観客席から、陸上のユニフォーム姿で歌って踊って登場
最終シーン 浜美枝との新婚家庭で和気あいあい。
けど、調子に乗りすぎて、浜美枝に洗面器で頭を殴られる。
見どころ 冷暖電球のテレビコマーシャルシーン
決めセリフ 「バカヤロー!」「よーし、やるぞー」
このエントリーをはてなブックマークに追加