作品メモ#02

各作品を、簡単なコメントで紹介していきます。
[公開日]の欄の年齢は、公開時点の植木等の年齢です。

ネタバレあり、ですので、ご注意下さい。

#02.ニッポン無責任野郎

公開日 1962/12/23 (35歳)
上映時間 86分
同時上映 喜劇 駅前飯店
植木・役名 源 等(みなもと ひとし)
組織 明音楽器
マドンナ
(役名・役どころ)
団令子(丸山英子:同僚)
主な出演者 草笛光子、由利徹、浦辺粂子、藤山陽子、中島そのみ
ロケ地 大和証券、自由が丘、成城、上野動物園、船橋ヘルスセンター
挿入歌
楽曲リスト
  1. 無責任一代男
  2. ショボクレ人生
  3. これが男の生きる道
  4. ゴマスリ音頭
  5. やせがまん節
  6. のんき節
あらすじ 明音楽器では、後継社長をめぐって、専務派と常務派が対立中。
そこでうまく会社に潜り込んだ、源等。
この両派をうまく天秤に掛けて、恋と仕事にハッスルするも、これまた会社をクビになって、姿を消してしまうのだが...。
植木・
 登場シーン
自由が丘駅で電車を降り、街(成城)で歌い踊る
最終シーン 明音楽器に新社長が招かれ、その秘書として源等が再登場。
見どころ 最終シーンで明音楽器の新社長に赴任してきたのは「平均」。
前作の無責任男が「北海物産社長」を経て、ここにやってきたのか?
決めセリフ 「この会社、何ていう会社?」
このエントリーをはてなブックマークに追加